ハヤトの1000日チャレンジ

ギャンブル依存克服

ブログは依存症回復に役立つのか② (断ギャン96日目)

前回と全く同じ質問/相談を、ブログどころかYouTubeまで継続発信されてる方にも聞いてみました。

 

たつやさん

ありがとうございました。

 

継続発信できてる人に質問DM送って気付いたこと:

  1. やっぱり発信することは自己理解が深まってそれが回復に繋がるのは間違いないらしい。見てる人がどう思うかではなく、自分がどれだけ楽しく読み返せるかが一番大事なんだ。
  2. TwitterでDM送るときって毎回勇気いるんですけど、めちゃくちゃ丁寧に答えて頂けるんですよね。どんだけ優しいんだマジで。自分も来る立場になったらちゃんと答えてあげたい。



f:id:yamerarenai:20210811065358j:imagef:id:yamerarenai:20210811065408j:imagef:id:yamerarenai:20210811065429j:image

 

★★★

 

ブログについて。そうですね。

めちゃくちゃ読み返します。


数ヶ月前に何をしていたか、を記録している感覚もあるので、当時の自分がどう思って何をしていたかって面白いんですよ。
あとは何百文字って書けるので、思いっきり吐き出す感覚ですね!

なので、僕はブログってとても意義があると思っています。

 

「皆に読んでほしい!」ではなく「吐き出す場所が欲しい!」って感じで底つきの時にブログを始めたので、収益化とかは全く考えていないです。
誰かの役に立ちたい、は20%くらいありますが、あんまり拘ってないです。

 

嫌々無理矢理書くのもいいですよ。後から読み返すと「なんやこの駄文」って思います。笑

書きたくなったら書く。も全然アリです。好きに使う感じですね😊

 

僕もブログがなかったら辞められていなかったかもしれないです。

恐らくですが、辞めていくとそのうち「自分にとって依存症ってこういうもの」みたいなのがなんとなくわかってくるんですよ。持論みたいな。

 

そうなってくると、僕は自己分析したくなります。
なんで依存したんやろ?とか、今後の具体的なスリップのリスクはいつどこであるのか?とか。

ちぐはぐで当たり前なので、統一性がなかったり、テーマがなかったり、言うことがコロコロ変わっても全然いいと思います。

 

こんな感じでしょうか。
お役に立てれば幸いです。