ハヤトの1000日チャレンジ

ギャンブル依存克服

岡本太郎先生から依存克服を学ぶ (断ギャン173日目)

前回記事『岡本太郎記念館に行ってきた』の続きです。

 

人生初の一人美術館。

「金払ってるからには何かしら得て帰りたい」

っていうドケチ根性一心で作品と対峙してきました。


f:id:yamerarenai:20210920134153j:imagef:id:yamerarenai:20210920134211j:image

「顔は宇宙であり、眼は交流の穴である。
そう考える岡本太郎にとって、顔は特別なモチーフでした。
実際どの作品を見ても、そこには必ず顔があり、眼があります。
(略)
本展では、岡本太郎と僕たちをつなぐ大切な回路である「顔」に焦点をあてて、太郎が生涯にわたって描き続けた多彩な顔をご覧頂きます。」

 

以下。僕自身の心の声です。
めっちゃ自己解釈です。


f:id:yamerarenai:20210920134342j:image

なるほど。確かに顔だらけだ。


f:id:yamerarenai:20210920134416j:image
うーむ…

岡本太郎はこの作品で何を伝えたいんだろうか…?


f:id:yamerarenai:20210920134444j:image
わからん。


f:id:yamerarenai:20210920134549j:image
しかし、ホント眼が力強いね…


f:id:yamerarenai:20210920140627j:image
何か訴え出るものを感じる…


f:id:yamerarenai:20210920134735j:image
いやー、もう何でも擬人化してるんだね。

 

f:id:yamerarenai:20210920134723j:plain

作品名:手の顔

手すらもこんな眼で表現するのか…

もう、指ひとつひとつにも個性を感じるよね。


f:id:yamerarenai:20210920135106j:image
個性。個性。個性って何だろう…


f:id:yamerarenai:20210920135118j:image

岡本太郎的には、眼こそが個性ってことなのかな?


f:id:yamerarenai:20210920135224j:image

さっき感じた訴え出るもの--

「俺はこうなんだ!」「こうありたいんだ!」っていう主張とか信念が個性なのかな…?


f:id:yamerarenai:20210920135247j:image

意味はわからんけど、まっすぐな主張や信念が伝わってくるもん。


f:id:yamerarenai:20210920135306j:image

いやー

 

f:id:yamerarenai:20210920135342j:plain

作品名:犬

俺自身、こんな眼をしてるんだろうか…?

 

f:id:yamerarenai:20210920140308j:image
これほどの個性

--主張や信念を持って生きてるだろうか…?

 

f:id:yamerarenai:20210920135513j:image

「自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ。」by太郎


f:id:yamerarenai:20210920140446j:image

俺。自分のありのままを直視してるか?


f:id:yamerarenai:20210920140353j:image
いやー。俺は逃げてきたなー。

現実の俺はギャンブルに依存しまくってるし、それを受け入れてこなかった。

だからこんな不自由な人生になってしまったんだ。


f:id:yamerarenai:20210920140421j:image

自分のありのまま。クソしょうもない過去と現在をそのまま見るんだ。太郎的にはそれこそが強さなんだ。


f:id:yamerarenai:20210920140705j:image
「こういう眼ができるようになる=個性たっぷりの全力人生」

ってことなんだ。


f:id:yamerarenai:20210920140242j:image

今、俺が依存克服のためにできること。

眼(個性)をまっすぐ開く--自分を直視する

眼(個性)を殺さない--人生を輝かせる


f:id:yamerarenai:20210920140201j:image

先生。そういうことですよね?

そういうことにしておきますね。

 

おし。(スッキリ)