ハヤトの1000日チャレンジ

ギャンブル依存克服

続けてよかった習慣TOP5 (断ギャン290日目)

この9ヶ月間を振り返って「依存症治療回復のためにこれをやってきてよかった!」と思う5つの習慣をランキング形式で紹介します。

 

第5位 筋トレ

頻度は少ないですが、定期的な運動のおかげで、太らずに健康的な生活ができてると思います。
ストレス解消にもつながるし、簡単にできるから、精神疾患の治療回復としてコスパ◎です。

 

第4位 アウトドア

アルコール依存症の方でもやってる方多いようですが、これもいいですね~。
だって大自然の中に来てギャンブルやりようがないからね。
ギャンブルという日常からより遠くへ来たもの勝ちです。

 

第3位 Twitter

筋トレやアウトドアやブログやろうと思ったのも全部Twitterがきっかけ。
最近はリアルで会うこともあって仲間が増えてきてホント嬉しい!
たまにTwitter依存になっちゃうときあるけど、ほどよい距離感でこれからも楽しんでいきたい。

 

第2位 人と話す

キャッシュカード預けてる先輩には、ストレスたまったら何でも話すようにしてます。
その人自身は依存症の知識も理解も興味もありません。ひたすら僕の喋ることを「うん。うん」って聞いてくれるだけ。
僕にとっては精神科の先生みたいなものなんで、治療代として会うとご飯奢るようにしてます。

 

第1位 ブログ

ブログは僕にとって感情のアルバムですね。
この数か月間でギャンブルをやめられてることだけでなく、自己肯定感が着実にアップしてるのもブログの効果だと思います。
あと、何か自分の考えを伝え、人の目にさらされることの積み重ねは非常に勉強になります。

 


5位~1位全部に共通してるのは、「アウトプットすること」「行動すること」だと思います。

 

特にSNSなどでの発信は素晴らしい習慣だと思うので、これからも続けていきたいです。最近は新たな挑戦としてYouTubeを始めまることにしました。

 

おし!今日も1日!